• 料金
  • アクセス

足底筋膜炎について

足の裏やかかとが痛い、歩き始めると足の裏が痛む、歩いていると痛くなくなるなどの症状がある場合、考えられるのが「足底筋膜炎」という足の裏の腱の小さな断裂などを繰り返している状態になっている可能性があります。

足の裏には、かかとの骨から5本の指の付け根の骨に向かって足底腱膜という腱が扇状に広がっていますが、この腱があることによって足の裏のアーチ構造の保持をすることができ、荷重時に衝撃を吸収します。

しかし、走り過ぎなどでこの足底腱膜に繰り返し負荷がかかることによって、炎症や小さな断裂を繰り返して起こすことによってかかとや足の裏に痛みが出てきてしまいます。これが足底筋膜炎です。

足底筋膜炎の原因

原因は様々なことが考えられます。ランニングやジャンプの造作の多いスポーツ、長時間の立ち仕事、加齢による筋肉の低下、足首の関節が固いことによって衝撃がきちんと吸収できずに負荷がかかる、肥満体型、靴が合っていないなどによっても引き起こされます。

初期症状の場合は、自己修復能力によって自然に治ることもありますが、小さな損傷を繰り返すと組織が治りづらくなってしまい、難治性に進行してしまうことあるため注意が必要です。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください。

足底筋膜炎でお悩みなら吉見なまい接骨院にお任せください。
あなたの身体の痛みには必ず『原因』があります。そんなお一人お一人の身体の痛みとなる原因が何かを特定し、原因から治療を行うことに力を入れております。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

吉見なまい接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 吉見なまい接骨院
所在地 〒355-0133
埼玉県比企郡吉見町江和井497-2
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み

コメントは受け付けていません。