• 料金
  • アクセス

テニス肘について

テニス肘という症状は手首を使用した時に肘が痛くなるという物で、テニスを始めとしたスポーツで多く発生しています。またスポーツでの発生率が高いですが、手首を多く使用したり重いものを持つ事が多い仕事をする方にも多く発生している事が特徴です。

またテニス肘はラケットの中央でボールをしっかり捉えていれば、手首にかかる負担が少なくなりますので起こりにくい事が特徴です。この事からテニスの上級者よりも初心者の段階で発症する場合もあり、正しいインパクトを習得するとともに改善されていく事も見受けられます。

テニス肘の原因

テニス肘はどんな原因で発症するのかを確認すると、テニスの場合はラケットでボールを打つ時に起こる衝撃が、手首から肘へと伝わるためだとされています。

このインパクト時の衝撃は、特にバックハンドのスイングで発生しやすくなっており、手首をひねるような動きがさらに肘への大きな衝撃となる事が特徴です。このような動きが繰り返される事で、肘に炎症が発生しやすくなりますし、痛みの原因として表れてくるのです。

テニス肘は当院へお任せください

治療していくには手首や肘を安静に保つという事が大事です。テニスが原因となる場合は競技自体を控える事が改善に繋がりますが、仕事が原因となる場合でもできる限り安静が望ましいでしょう。炎症を抑えるような湿布であったり、飲み薬などが治療に用いられますが、肘を中心とした肩から手首までのストレッチというのも効果的だとされています。

テニス肘でお悩みの方は当院にお越しください。吉見なまい接骨院では、患者様一人一人に合わせた施術を行うことを意識しております。痛みが悪化する前に、是非当院にご相談下さい!

吉見なまい接骨院へのお問い合わせはこちら

電話予約はこちら WEB予約はこちら
院名 吉見なまい接骨院
所在地 〒355-0133
埼玉県比企郡吉見町江和井497-2
診療時間 午前 / 9:00 ~ 12:00
午後 / 15:00 ~ 20:00
休診日 夏季・冬季休院
毎月1日 研修休み

コメントは受け付けていません。